トップページ >  脱毛サロン >  エステティックTBC

エステティックTBCの脱毛について

全身 全身から自由に選べる脱毛プラン!

エステティックTBCは、長年のフェイシャルコースのノウハウを活かした肌にやさしいオリジナルジェルを使用。脱毛後の肌もふっくらすべすべで見た目も手触りもキレイなのが特徴です。
初めての方はファーストプランで、全身から1部位選んで脱毛体験。全身脱毛は全身30部位のなかからお好きな24部位を選び、毛周期に合わせて効果的な脱毛ができます。ライト脱毛で肌にやさしく、無理な勧誘もないので安心してキレイに専念できます。

エステティックTBCの全身脱毛に含まれる部位

全身脱毛部位(チョイス)に含まれる
VIO 全身脱毛部位(チョイス)に含まれる
全身脱毛の部位(30部位) Sパーツ:【鼻下、アゴ、乳輪周り、胸センター、ビキニライン(上)、へそ周り、両ヒザ、両手の甲・指、両足の甲・指、ビキニラインS(両サイド)】、えりあし 【Lパーツ:両ヒザ下、両ヒザ上、両ヒジ上、両ヒジ下、背中上、背中下、お腹、ヒップ周り】、首のうしろ、ヒップ、ひたい、ほほ、フェイスライン、トライアングル、Iライン、Oライン
料金 ●全身プラン:(最大24部位×8回) 229,800円(税抜)
●ファーストプラン:【】の18部位から1部位チョイス(Sパーツ2回 or Lパーツ1回)通常価格6,480円1,000円(税込)
注目のポイント
★全身プラン(最大24部位×8回)12月31日迄の期間限定価格198,000円!
●ファーストプラン当日特典:チョイスプラン Lパーツ4回orSパーツ8回17,600円/Lパーツ8回orSパーツ16回33,200円 + 両ワキ脱毛回数フリープランが無料に!!
公式サイトへ

全身脱毛で脱毛サロンを選ぶポイント

料金が安い全身脱毛サロンを選ぶポイントとは?
リーズナブルな全身脱毛を受けるなら、ただ料金の安さだけを比較して脱毛サロンを選ぶのではなく、 全身脱毛プランの施術回数や脱毛効果、脱毛可能部位なども確認したうえで選ぶことをおすすめします。
痛くない全身脱毛サロンを選ぶポイントとは?
脱毛する際に気になるのが脱毛時の痛み。特に痛みが感じやすいデリケートな部位である顔やVIOラインの脱毛も考えているようなら、 各脱毛サロンで、痛みが少ない脱毛方法を提供しているか確認することがポイントになります。
短時間で全身脱毛が完了する脱毛サロンとは?
夏までになるべく早く脱毛を完了させたい方には、短時間で全身脱毛が完了可能な脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。 短時間で脱毛を完了させるためには、予約がとりやすい環境を整えている脱毛サロンを選ぶことがポイントとなります。
仕上がりがキレイで全身脱毛サロンとは?
ただ脱毛サロンで光脱毛の施術を受けるだけで、キレイな美肌になれるというわけではありません。 脱毛に関する技術力が高いスタッフが光照射を行い、徹底した肌ケアを行っている脱毛サロンを選ぶことがポイントです。
店舗数が多い脱毛サロンとは?
店舗数が多い脱毛サロンを選ぶことで、自分の住まいや通勤・通学沿線にある店舗をみつけやすいことや、予約がとりづらい時や引っ越しした場合でも、店舗間移動が可能になること等のメリットがあります。
中途解約時返金に応じる脱毛サロンは?
せっかく高額な料金を支払っても、脱毛効果が実感できない等を理由に中途解約する可能性もあります。 そんな時、残りの施術分の料金についてしっかり返金に応じてもらえる脱毛サロンを選ぶと損せずに済みます。
スタッフの技術力が高い脱毛サロンとは?
光脱毛は、ただ専用の脱毛マシンを使って光を照射するだけで、高い脱毛効果が得られるわけではありません。 脱毛に関する高い技術力を持つスタッフが施術することで、より高い脱毛効果を実感することができます。
無理な勧誘がない全身脱毛サロンとは?
ネット上ですぐに悪い口コミが広がってしまう現代。そのため、強引な勧誘をしないよう対応している脱毛サロンが多くなっています。 特に脱毛初心者の方は、強引に勧誘されない脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。
アフターケアが万全な脱毛サロンとは?
脱毛サロンで行われる光脱毛は、多少肌へのダメージがあるので、脱毛後のアフターケアが重要となります。 アフターケアがしっかりしていると、脱毛後仕上がりもキレイです。
予約がとりやすい全身脱毛サロンとは?
脱毛サロンが少しずつ混雑し始めるのが5月頃。この時期から多くの脱毛サロンでは予約がとりづらくなります。 そんななかでも、施術がスムーズに進み、予約がとりやすくなるように、体制や設備を整えている脱毛サロンを選ぶことがおすすめです。
冷たいジェルを使わない全身脱毛サロンとは?
光脱毛前に塗る冷却ジェルを使わずに施術ができる脱毛サロンもあります。 冷却ジェルを使わないことで、ひやっとする不快感やジェルの肌へのベタつき感がなくなるだけではなく、1回の施術時間も短縮することができます。